[ZX-6R] 諸々整備

明日は月に一度の梨本塾さんに参加するので諸々整備。

先ずは、前回の74JK時に磁気バーに反応しなくなり、遂には作動しなくなったタイムアタッカーの修理。
以前14Rに付けていた時にセンサーが溶けていた時の後遺症かと思って、クレバーライトさんからセンサーだけ買ったのですが、結局タダのヒューズ切れ。
バイク使用も想定されているのに管ヒューズって・・・。
zx6r168
ヤマダ電器に売ってたから良かったけど、いずれ爪ヒューズに交換したいと思います。

ついでにセンサーを新品に交換して、位置も少しでも地面に近づくようにステーも交換しました。
zx6r169
写真では判りにくいけど、サイドスタンドスイッチのボルトに共締して、以前は前方にステーを伸ばしてその先にセンサーを付けていたのを、下方向に伸ばしてリアサスのリンク前あたりにセンサーが来るようにステーを曲げて取り付けました。

あとはチェーンの清掃注油。
zx6r170

さらに、アクセルワイヤーの遊び調整。

そんな感じのプチ整備でした。

Get up !

会社の帰りに見てきました。
1506231
“My idol” JBの伝記的映画です。

まあ、この手の映画ではありがちですが、ストーリーはかなりタルいです。
しかしながら、ステージのシーンがメチャクチャカッコ良くて、そんなことはどうでも良くなりました。
JB役の俳優さんも完全に成りきっていてカッコ良かったし、見に行って良かった。

[ZX-6R] タイヤ交換2回目

ZX-6Rのタイヤを交換しました。
前回の交換から4,000km弱、トミンとエビス東でのサーキット走行6〜7時間を含みます。

リアは
zx6r165
一度逆履きしており、既に両側ともおいしいところは使いきっています。
前回のトミンでもアクセルを開けるとズルっと行くので交換。

フロントは
zx6r166
一見バリ溝に目ますが、段減りが進んでおります。
まだグリップ感に不安はないもののリアと一緒に交換することにします。

交換はいつものスピードスターさん。
午後1時頃お店に到着したら順番待ちがかなりあり、結局3時間ちょっと待ってようやく作業。
zx6r167
お店に到着してから作業終わって帰途につくまで4時間掛かりました(´Д`)

新品のタイヤは、リアは前回と同じく PIRELLI DIABLOSUPERCORSA V2 SC。
zx6r172

前回は前後ともSC2でしたが、今回初めてフロントにSC1(ソフトコンパウンド)を履いてみましたよ!
zx6r171
どれだけもつかちょっと怖いけどw、楽しみです。

クルマが車検から帰ってきました

3年で13,000kmだから消耗品も殆どなし。

交換部品は
・前後ワイパーブレード交換(メンテナンスパック利用)
・トランクルームトリム交換(リコール)
・ターボ用オイルフィードパイプ、パッキン交換(クレーム)
・バッテリー交換(クレーム)

クレームはこちらから言ったワケではなく、年式・走行距離から劣化が早過ぎるということでサービス。

その他通常の点検と、アイドリングストップからの復帰が不安定な点のプログラムのリセットなど。

クルマ車検

クルマを車検に出してきました。
f1125
3年で13,000km。
全然乗ってないな・・・。

前に乗っていた6発はそんなにパワーが無くても楽しかったけど、4発はもう正直駆け抜ける喜びを感じません。

取り敢えずあと2年は乗るつもりだけど、次は国産車に戻りたいかも。。。
最近はマツダのクルマがカッコよくて気になります。

5/31 梨本塾K-RUN(Bクラス)のオンボード

5/31の梨本塾さんに参加した際のK-RUN GP オンボード映像です。

今回は初の29秒切りでベスト更新し。
そしてK-RUN GPではこれまた初のBクラス出走!
まだちょっと着いていけませんが、頑張りました。

2015年5月梨本塾

※6/1更新
今年5回目、トータル8回目の梨本塾さん参加。

前回不具合が出て死ぬかと思ったzetaのブレーキレバー調整機構は、調整ネジをロックタイトで固めてビニテでグルグル巻きにしているので大丈夫でしょう。
こないだのエビス東でも問題なかったしね。
あとは、ハイスロが重くて逆に開けられないので、ワイヤー巻取りのプーリーを44mmから42mmに変更。

さて。
朝から暑くて、既に夏の陽気ですよ。
74jk150501
今回は何故かBクラススタート。
上の方々の参加が少ないのかな?

【フリー走行1本目】
路面温度とかタイヤ温度とかはもう気にする必要なし。
先月までよりウォームアップ周回も少なめに飛ばします。
感覚としてはいつもと変わりなく、自分でもどこをどうしたらタイムが短縮出来るのかが判らないまま周回。
それより、暑くて10分が限界。
ベストは29.4くらい。

【フリー走行2本目】
いつもどおり、フォークストロークセンサーが下端まで下りているので、これ以上コーナリングスピードを上げるのは危ないかな?という根拠の無い理由から、フロントのプリロードを1回転、コンプレッションを1回転強くしてスタート。
違いがわからないw

一方、乗り方としては1コーナーから帝王への切り返しでもっと開けられそうだったので、頑張って開けてみる。
それと最終コーナーのライン取りを変えてみた。
ベストは28.964。
74jk150502
初29秒切り!
乗り方を変えたからか、フロントをイジったからか、はたまた単に気温のおかげか、74JKで初めてトミンを走ってから苦節8ヶ月目でようやく29秒切れました。他の周回も29.0台でまあまあな感触。

【タイムアタック】
タイムアタッカーが何故か作動しないままスタート。
タイムアタッカーが起動していないので、ベスト更新のランプも点灯しないからどのくらいで走っているか全然判らないまま終了。

終わって見ると28.798で自己ベスト更新!
K-RUNを初めてBクラスで走れることになりました。

【K-RUN】
予選はBクラス7位。
予選トップは28.0台で自分には未知の世界なので、兎に角必死に付いていくことだけ。

いざスタート。
スタートで一人交わして一人に交わされ、7位で1コーナーへ。
序盤はペースがそれ程早くないので、何度か差し込めるチャンスもありましたが、3周目くらいの左コーナーで、リアが思いっきり滑ってそれ以降左が明らかにスローペースとなってしまい、どんどん離されていきます。

結局差が大きくなる一方でそのまま終了。
やっぱ上のクラスは甘くない。
K-RUN中は、リアが滑って以降は29秒台前半〜中盤でいいトコロが全くなかったな・・・。

左がもうダメっぽい。既に逆履きしているので交換ですね。
74jk150503

ただ、29秒を切るライン取りはなんとなく掴んだので、次回は新品タイヤで臨みたいと思います。

[ZX-6R] グリップ交換&ハイスロプーリー交換

ZX-6R(636)のスロットルグリップ開度は70°。
他のSSは知らないですが、SSとしてこれは大き過ぎないか?
実際、自分の場合は大袈裟に握り直さないと全開に出来ないし、左コーナーではそもそも握り治せず全く全開になりません。

そんなワケで昨年11月にハイスロを装着しました。
ノーマルのアクセルワイヤー巻取りプーリー径は36.7mmですが、40mm → 42mm → 44mmと段階的に大きくして開度はかなり小さくなりましたが、流石に44mmではアクセルが重くなり、疲れてくると結局全開に出来なくなっていました。

あまりにプーリー径を大きくし過ぎた・・・でも開度が大きくなるのはイヤ。
プーリー径をそのままにアクセルを軽くするにはどうするか?

閃いた!
ハイスロについていたTZタイプのグリップが細いので、ツーリングタイプのグリップに交換すればちょっとはマシになるかな?
ということで、
zx6r162
dominoのツーリンググリップ購入。

早速交換。
ちなみにdominoのグリップ長は126mmで左は内側のリブをカットすればなんとか入りますが、右のスロットル側はリブカットだけではノーマルのバーエンドにつっかえて、アクセルに抵抗があるので、グリップの外側も3mm程度カット。

さて、
zx6r164
直径を測ってみると、0.1〜2mmしか変わらん orz
意味なかった。

それならばと、プーリーを44mmから42mmに戻してみる。
zx6r163

うん。
結構軽くなったかも。
でも結局態勢によっては握り直さないと全開に出来ないかな。

そんなカスタマイズでした。

ライディングスクール(9回目)

毎月参加させていただいてる74JKさんは、アドバイス付きの走行会という位置づけで捉えているので、ライスクという意味では9回目となりますか。
去年3回参加した「虎の穴」さんに今年初参加して参りました。

セガレとのタンデムツーリングで2日で計500km以上走った翌日に、往復600km以上の自走とか、最早酔狂でしかありませんw
しかもツーリングから帰ってきてあまりの疲労に3時間半程夕寝してしまい、結局夜眠れず。中途半端に寝ると絶対寝坊しそうなので、3時に家を出発してのんびり福島のエビスサーキットに向かうことにします。

二本松の手前のSAに6時半頃到着し、のんびりしてからエビスサーキットへ。
1505041
エビスサーキットは東北サファリパークの中にあります。

以降丸一日ライディングスクール。
虎の穴さんは撮影が出来ないのでテキストだけになりますが、今日のスクールのテーマは「トラクション」ということで、タイヤの面圧をきっちり掛けることを意識して取り組みます。
トラクショントレーナーという器具できちんとシートに荷重を掛けられているかを試しますが、どうやら自分はシートにはちゃんと座れている模様。
着座して前傾していってもふらつかないので、この点はそのままの意識で良さそうです。

午前中はひたすら8の字の練習。
気温も高くタイヤのグリップも信頼出来るので、自分でもそれなりに乗れている感触を得られました。

お昼を挟んで午後は東コースのフリー走行。
去年いろいろアドバイスを頂いていた、10R乗りのIさんも来られていて、同じピットでまた楽しい時間をご一緒させていただきました。
1505042

東コースは、去年14Rでのベストが1分13秒98、6Rでのベストが1分12秒630とショボショボなので、今日は1分10秒切りを目標に、午前中練習したことを意識して走ります。

意識ポイントは2つ。
1.コーナー進入でのブレーキをガツンと掛け過ぎて直立でリリースしてしまい、フロントに荷重を載せきれないという悪い癖を、ブレーキを優しく掛け引きずりながら入ってイケるように意識。
2.タイヤを信用して進入速度をもっと速く、フロントの面圧を意識。

まあ、1と2は一連の動きで1が出来なきゃ2が出来ないんですけど。
低速での練習ではそこそこ出来ていると思うけど、速度が上がるとフロントからのスリップダウンに対する恐怖心で、進入は遅いし頭も内側に入れられてないんだよね。

さて。
クラス分けをして走りますが、自分の周りは皆1分05秒付近、あるいはそれ以上で走る方ばかり。
邪魔にならないかかなり心配でしたが、目標は1分ヒトケタ台なので速い人の走りが盗めればと、前向きに捉えて走ります。

最初の15分枠では1分13秒198がベスト。
久しぶりの東コースということと、やはり高低差の激しいコースでビビってしまい初っ端はサッパリ。
ようやく乗れてきたかな?と思ったところで枠が終了。

次の枠は30分。
1走目ですっきりしなかったところをもう一度頑張ってみる。
前半はあまり改善出来てる自覚は無かったけど、後半はだんだん乗れてきている感じがして、これは10秒切れたんじゃね?
と思ったら、ベストは1分11秒119。

んがー、ダメだ。

最後の反省会で追走ビデオを見ました。
前半の13秒〜14秒台程度のところしか映っていませんでしたが、やっぱり自分が思ってる程体を入れられてないし、進入ではブレーキを優しくという意識が強すぎてやはり進入スピードが足りてない。
14Rの時の方が元気あったんじゃない?とか言われる始末www
まあそうですね。
10秒切るのに足りないものは、もしかしたら気合いと根性かもしれないw

2枠目では10R乗りのIさんに直線でラップされてコーナリングワークを盗もうと着いていこうとしますが、1コーナーにスライドしながら入って行くとかw
その後のS字の進入ももの凄いスピードで入っていくので、速すぎて全く着いていけないしレベルが違いすぎて参考になりませんwww
いや〜、すげーわ。

そんな感じで今ひとつ不完全燃焼でしたが、やはりエビス東はおっかないけど面白い!
そして次回は必ず10秒切る!という目標は出来ましたので、また参加したいと思います。

それにしても帰りの東北道は大渋滞で、マジで疲れた。。。

セガレとタンデムその4「初めての一泊ツーリング #2」

セガレとの一泊二日ツーリング2日目。

菅平のペンションでの朝を迎えます。
早朝5時半に起きて、6時ころから近くのダボスの丘の上までセガレとプチハイキングです。
15050303

頂上では
15050302
アルコールストーブを持参しドリップコーヒータイム。
セガレはホットチョコレート。
空気が美味いのでコーヒーも美味い!

宿に帰って朝食です。
15050305
朝食も美味しい!

9時ころチェックアウトして、菅平を後にします。
鳥居峠を越えて、鬼押しハイウェイを軽井沢方面へ。

鬼押出し園駐車場にて。
15050306

大混雑の軽井沢はスルーし、碓氷峠旧道。
土木遺産めがね橋
15050307

さらに下って横川駅のポッポタウン
15050308

碓氷峠を越えるために活躍していた電気機関車などが展示されてます。
15050309

そしてオヤクソクの釜飯を芝生で食べる
15050310
そんな感じで、帰りの渋滞が始まる前に帰ります。

帰りに寄った寄居PAが何故か星の王子様仕様。
15050311
最初駐輪場が駐輪場ってわかんなかったよw

一泊二日と短いツーリングでしたが、セガレも楽しんでくれたようだし、いい想い出になりました。
次はどこにいこうかな。