[ZX-14R] チェーン張り調整

オイル交換の勢いに乗って、次はチェーンのメンテ。

6,000km弱走ってチェーンが結構伸びてるような感じなので、計測・調整してみました。
チェーンは均一に伸びるわけではないので、センタースタンドを立てて、後輪を回しながらたるみの一番少ないところを探します。

右手に定規持って、左手でチェーンを持ち上げたので写真取れなかったのですが、遊びは30mm以上ありました。
14Rはパワーがあるので、負荷を掛けた走りをしていると結構伸びる気がします。

規定値は25〜30mmなので調整します。

左右のアクスルシャフト受け部には目盛が振ってありますが、それだけでは正確に合わせられないし、そもそもどう見ても目盛が左右同じように振ってあるように思えないので、調整前に同じ所をノギスで測ることにします。

先ず右。
zx14r074

そして左。
zx14r075
1mmの誤差はいいのか?・・・。

調整は、右側のアクスルナットを緩めて行います。
zx14r073

手順は、
1.割りピンを抜いて
2.アクスルナット(32mm)を緩め
3.12mmのボルトで張り調整
ですが、チェーンの張りを調整しながらアクスルシャフトを並行に合わせる必要があるので、ノギスで測りながら、左右を行ったり来たりが一番面倒です。

チェーンの遊びを25mmに調整して左右のアクスルシャフトの位置を合わせたら、最後にタイヤを後ろから軽く蹴ってアクスルシャフトブロックを調整ボルトにしっかり当てます。
(スタンド外れるほど強く蹴っちゃダメよw)
そして32mmのアクスルナットを締めて、割りピンを入れる前にもう一度左右の位置を確認。
zx14r076

こっちも。
zx14r077
一応ほぼおなじ数値で合いましたが、もし調整前の左右1mmの差が正しいとすると、これは間違ってるのかも知れません。

最後はアクスルナットを規定トルクで締めて、割りピンを戻し調整終了。
規定トルクは127Nですが、自分の持ってるトルクレンチは110Nまでしか設定できないので、110Nで締めてからクックッと増し締め。
この辺の20Nの感触も経験ですが、アクスルシャフトは取付け方法を間違えると命に関わるので、DIYでやる方はメンテマニュアルを見て自己責任でお願いします。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。